2009年01月28日

注目の動画編集ソフト - Crystel Engine

ドキュメントも一切なく、開発途上で、まだ片鱗を見ているだけですが・・・これは凄い、という予感がする、動画編集ソフトです。

Crystel Engine -> http://crystel-tools.com/

よくあるノンリニア編集ソフトと違って、コアの処理をDirectX9.x(つまりハードウェアであるビデオカード)に任せてリアルタイム処理してしまうというのが特徴で、故に、動画を3つ4つ張り込んでエフェクト掛けても編集中の描画はリアルタイム、CPU負荷も普通に動画再生しているのと大して変わらないレベルのまま。作業時の軽快さが素晴らしい感じです。

その設計思想から、出来る事はDirectXで実現できる範囲内に限られるのでしょうが、いわゆる動画編集の結構な割合は、それでカバーできるのではないかと思います。

(素材の編集などは本ソフトの用途の対象外なので、素材準備は別の手段で行っておく必要がありますね。例えば実写なら、カメラ側でカット編集などを行ってからPCに取り込む、など。)

現状、読み込める動画形式はmp4とflvだけのようですが、開発者ブログでの問答によれば、順次追加されていきそうな様子です。開発者さんの想定用途からは外れるのかもしれませんが、もしm2ts対応となれば、困難なAVCHD編集の救世主になるのではないかと、勝手に期待しています。

posted by kamicup at 03:24| 兵庫 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。