2009年04月07日

日本, Art, Internet

言うまでもなくネットにだってリアルに負けず劣らずのアートが沢山あって、そのごく一端がニコ動やブクマ等のフィルターに拾い上げられて手軽に垣間見られるわけなんだけれども。そう思っててなお、こうも衝撃を受けるアートに次々出会うこの現象は一体なんなんだろうと。

・・・いや、むしろこっちが正常なのか? そう、フランスの田舎都市じゃぁそこらへんに遍在していたアートの身近さ、ってこんなんじゃなかったか? そう考えたら、今まで日本という国で社会の成熟性の断層に抑圧されていたセンスにとって、今の状況って水を得た魚なのかな、とか思ったり。
posted by kamicup at 02:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。