2006年10月09日

Mini SDカードアダプタにまつわる勘違い

img050-edit.jpgW-ZERO3[es]で使うため購入したMini SDカードには、SDカードとして使うためのアダプタが付属していたのですが、これに関して重大な勘違いをしておりました。

このMini SDカード、一度アダプタに刺すと、手ではとても引っ張り出せないほど強固にホールドされてしまいます。最初は、いくら何でもこれはおかしいだろうと思って、取り外し方の説明がないかカードのパッケージを見てみましたが、どこにも何にも書かれていないので、単に填め合いがキツい個体なのだろうと思うことにして、それ以来毎度ペンチで摘んで渾身の力で無理矢理引っ張り出していました。

そして本日も、まずは爪に引っかけて手で外そうと試みるもやはりビクともせず。全くコイツは仕方ないな、と思ってペンチを探そうとしてカードを机に置こうとしたときです。少し腹が立って乱雑に扱ったため、カードを曲げる方向に力を加えてしまった、と思った瞬間、カードがアダプタからスルリと抜けたではありませんか!!

しばし呆気にとられて、それからふと思いつく。再びアダプタにきっちり差し込んでから、カードを曲げないように、丁寧に水平に引っ張る。ビクともしない。それを確かめてから、今度はカードの面に垂直な力を加えて浮かせながら引っ張ってみると、スルリ。。。おいおいおい、そういう落ちかよ。こんな薄いカードに曲げ方向の力を加えなきゃ外れへんロック構造なんて反則やろ!俺の今までの苦労は何やってん!!

ていうか、今まで気づかなかった俺がヘボでした。orz
posted by kamicup at 19:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/Gadget | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25148927
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。