2007年01月29日

素朴な需要

仕事で外国人の名前が男性か女性か判別できない時、他に手段がなければ仕方なくGoogleで多数決を取ります。例えばJoergさんなら「Mr.Joerg」VS.「Ms.Joerg」をそれぞれ検索した結果、14,300対45でほぼ間違いなくMr.だ、という具合です。(ただし、元々ネット上に在るMr.とMs.の比率に偏りがある可能性はあります。)

で、男性か女性かという疑問に答えるサービスがあれば一定の需要はあると思うのですがねぇ。(英語学習事業者からの広告収入で運営するとか。。。)
posted by kamicup at 16:19| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32349744
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。