2007年02月19日

高度9000m級のヒト

はりーさんとこで見ました。

普通なら、与圧無しで生身の人間に耐えられる状況ではないと思うのですが。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070216-157702.html
オーストラリア東部で練習中のパラグライダーの選手2人が激しい暴風に巻き込まれ、1人が死亡、もう1人は9144メートルの高さまで吹き飛ばされたが、無事に着地していたことが16日、明らかになった。


生理的には7000mを越えると減圧症(体液中に気泡が発生する)の危険があり、8000mは致死領域だと言います。ましてや登山などに比べて急激な減圧ですから、低体温状態で代謝低下していたのだとしても、生きていられるものなのでしょうかね。(そもそもそれほどの高々度で、パラグライダーが飛行できるだけの空気抵抗があるモノなのかもちょっと気になりますが。)

記事では高度の数字がどこから出てきたのか不詳ですが、それにしても人間の身体って意外と凄いのかもしれませんね。
posted by kamicup at 20:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

英辞郎にも載っていないしググッても見あたらない

煙草を吸う事を皮肉って“fresh air”と言うのはウチの周りだけでしょうか。
posted by kamicup at 21:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

航空業界の斜め上(3)

Air Canada Jazz pilot trapped on wrong side of cockpit door incident re-opens security questions
Yesterday, passengers on the Jazz service from the Canadian capital Ottawa-Hull to Winnipeg, Manitoba watchjed in amazement as the captain was trapped in the cabin after the door locks on the reinforced cockpit doors malfunctioned. Crew members were forced to take the door off its hinges to let him back in after the incident, which happened 30min before the scheduled arrival of the aircraft in Winnipeg.


トイレのためコックピットを出たパイロット、ドアの誤作動でコックピットから閉め出される。残ったクルーで扉のヒンジを外し、無事コックピットに戻れたのは着陸予定時刻30分前。50席の小型機ですから、乗客もすぐに気付いたでしょうが、そりゃビビりますよねー。いくら副操縦士がいるとは言っても。テロ以降、コックピットドアは強化されていますから、その影響でしょうか。
タグ:航空業界
posted by kamicup at 12:25| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

航空業界ニュース、斜め上系ピックアップ(2)

社内の「年間優良ドライバ賞」の記念撮影の背景として使うためだけに、引退したジャンボジェット機を(多分)買って、全面塗装してしまう、ネジの外れた会社があるそうです。Wal-Mart系列で、ASDAというイギリスのスーパーマーケット。

ここに写真があります。(エンジンもついていませんね。)

こんな意味のないプロモーション?に一体いくら費用をかけているのか、多分目ん玉が飛び出るぐらいですが、その割には「Always LOW PRICE」の標語。いや、こんな無駄なことするぐらいならもっと。。。(^^;

ちなみにTail No. (registration code)の"G-ASDA"は、過去に全く別の機体で使用されていたもので再登録は不可能な筈なので、ダミーだろうとのこと。
タグ:航空業界
posted by kamicup at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。